| 株式会社ナビ | さぽーとnavi | 放課後等デイサービス | 児童発達支援 | ヘルパー支援 | 保育園 | 旭川市 | 職員募集 | 発達障害 |

 

社長あいさつ

 

社長のあいさつ

社長のあいさつ
 
新たな時代を見据えて・・・
写真変わりました~
   代表取締役 廣 岡 輝 恵

令和の時代が本格的に動き出します。

2020年のパラリンピック・オリンピックは、その転換機となるでしょう!

経済界では、東京オリンピックの開催後は経済成長が下降すると予想されています。しかし、私たち障害児者福祉の分野では、これを機に多様性を受け入れる社会へと変化していくと考えています。

 

みなさん。大泉洋が主演した「こんな夜更けにばななかよ」の映画はご覧になりましたでしょうか?

30年前の日本の福祉事情がそのまま描かれています。24時間介護の必要な方が在宅生活をする場合、自分でボランティアを確保して人手を埋める…私自身もそのボランティアを体験しています。

ある意味で自由度(医療的なケアに対しても寛大)のあった時代で、人と人のつながりで支えあっていた時代でした。現在を見てみると、同様の仕組みが別な形で残されており、重度の方が在宅生活を希望した場合に個人で介護者を雇うという方法があります。先人の行動が実を結んだ制度ですね!

この間に社会の価値観は変化し、18年前に在宅障害児者を支える福祉サービスが初めてできました。それまでは福祉サービスは入所される方のみが対象とされており、在宅を選択した場合には障害年金しか該当しませんでした。それゆえに当事者は知恵を絞って学生ボランティアの協力を得て生活をしていたのです。今とは違い学生の数も多く、ボランティアに時間を費やす余裕や夢あった時代背景もありました。

 

障害のある方の勇姿がオリンピックのCMで流れるのを見ると、「社会はよくなったなぁ~」と感じます。

閉塞的な国家観から社会全体で弱者を支えようというオープンマインドの国へと変わっています。2020オリンピックをきっかけにそうしたマインドがますます普及していくことでしょう。

 

私たちが専門としている子どもたちには、゛育ちにくさ”があります。親や子育てに携わる大人たちにとっても関わりの難しさがあります。しかし、ちょっとした配慮(例えば、言葉のかけかたや環境設定の仕方など)があれば自らの力で学び成長していくことのできる子どもたちです。

この先は、関係者が手を取り合いノウハウを共有しながら、旭川の子どもたちを地域で育てていけるようになることを願っています。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年1月

 

 

 

 

社長の活動

社長の活動
 
公職・福祉関連
 旭川地域児童デイサービス等連絡協議会会長H23.4~
 旭川市自立支援協議会こども部会 部会長 H26.5~
 上川圏域障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会 推進員 H27.4~
 全国児童発達支援協議会 北海道支部副会長H28.10~
 全国児童発達支援協議会理事R1.11~
その他の活動
東光学園東光幼稚園評議員
旭川市社会福祉協議会評議員
旭川西ロータリークラブ幹事
旭川商工会議所女性会理事
神居中央地区市民委員会女性部総務部長
039175
qrcode.png
http://www.support-navi.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社ナビ
〒071-8123
北海道旭川市末広東3条
3丁目3-12
TEL.0166-55-5877
FAX.0166-74-5964

MAIL

honsha-navi@support-navi.co.jp
──────────────
1.放課後等デイサービス
2.居宅介護

3.重度訪問介護
4.行動援護

5.同行援護
6.地域生活支援事業
  (日中一時支援・移動支援)
7.福祉関連事業
  (介護タクシー事業)
8.その他(作品販売)

──────────────

<<株式会社ナビ>> 〒071-8123 北海道旭川市末広東三条3丁目3-12 TEL:0166-55-5877 FAX:0166-74-5964