本文へ移動

さぽーとnavi相談支援

「指定特定相談支援」 「障害児相談支援」事業所

平成25年4月から、福祉サービスを新たに申請する場合に「利用計画(案)」を提出することが必要になりました。
計画を作成し、その後のサービスが適切に提供されているか、ミスマッチはないか・・・などを定期的に確認(モニタリング)したり、関係機関との調整を行う役割が「指定特定相談支援事業所」「児童相談支援事業所」の仕事です。
旭川市の場合、段階的に「利用計画(案)」の提出を求めていく方針で、更新で計画の対象になる方には個別にお知らせが届きますので、その際には旭川市の福祉サービス情報サイト⇒こちらから、依頼したい相談支援事業所を選んでお申込み下さい。
事業所が決まりましたら、旭川市から「計画相談の依頼書」が届きます。
依頼書が届いたら、それを持っていって事業所と契約を交わし、計画の作成を行っていくことになります。
面談や会議などを経て計画を作成するまでに、1〜2か月程度かかりますので、早めにお問い合わせください。

サービス利用までの簡単な流れ

事 業 所 紹 介

さぽ〜と navi (ナビ)

================================
住所/旭川市末広東3条3丁目2番18号 さぽーとnaviこどもセンター2階
電 話/(0166)74−5979
FAX/(0166)76−7045
E-mail soudan-navi@support-navi.co.jp
================================
相談支援専門員 3名(社会福祉士・介護福祉士・公認心理師)
================================
☆相談の対象者
①旭川市に在住する発達障害の診断や可能性がある児童 成人
当事業所では未就学児から18歳までの児童の方を中心に相談支援を行っています。
 
精神科病院等に入院する者及び地域において単身生活等をする精神障害の診断のある方
精神障害者支援の障がい特性と支援技法を学ぶ研修をおさめた職員を配置しました。
 
☆費用について
計画の作成に関する費用など一切かかりません。
☆相談について
面談は予約制で行っています。予めお電話で面談日を調整してからお越し下さい。
株式会社ナビ
〒071-8123
北海道旭川市末広東3条
3丁目3-12
TEL.0166‐55‐5877
FAX.0166‐74‐5964

  1. 放課後等デイサービス
  2. 居宅介護
  3. 重度訪問介護
  4. 行動援護
  5. 同行援護
  6. 地域生活支援事業
    (日中一時支援・移動支援)
  7. 福祉関連事業
    (介護タクシー事業)
  8. その他(作品販売)

0
0
6
0
4
3
TOPへ戻る